2015年08月

さて、今回はDISHにしては
随分少ない方ではあったのですが
やはり色々ありました小道具。

一番沢山作ったで賞は
龍地こと土屋のアニキです。
恐ろしく器用な兄さんです。

大海が紹介している店番のお札?も
結構初期に、ひょうぃっと作って来ました。
本当は簡単じゃないんだろうけど
さも何でもない風に持ってこられます。

稽古しながらも次々とおにぎりやらとっくりやら
お猪口やら蔵の書物やら何やかやと

とうとう亀仙人が持ってそうな杖に、
元田が持って来るラジオまで。

すげい。

でも片付けでバタバタしてしまって
他の皆さん作の小道具は写真撮れてないんです、
ごめんなさい。

1個だけ。
アニキが、小屋入りしてから作ってたラジオ。
image

これはりくちゃんが気に入って
終わった後持って帰ってました。
結構大っきいのに(笑)
お母さんに怒られなかったかな(^_^;)

それぞれ自分で作ったものとか、
写真のある人はどうぞ紹介して下さいね。
みゆ紀でした。


締めブログが遅くなってしまいました。。。


今回DISH produce公演、Beatにご来場くださったみなさま、誠にありがとうございました。


最後の最後まで粘りました。



悩んで悩んで食事の量が増えたわけでもないのに太り悩み……


あぁ、違うことで悩んでた人みたいになっちゃった。


でも、森沢町とゆー暖かい町に触れられてとても幸せでした。


稽古場も暖かかったです。


ここには書ききれない想いが沢山あります。


この舞台の余韻に浸る時間もなく、お仕事と舞台の稽古が始まりました。


image



では。

また森沢町でお会いできたら嬉しいです。


宮田菜々子(酒井栞)


ありがとうございました!!!!

image

これはまたねの握手です。

なんかすごくウルッといてしまいました。

この舞台でたくさんの事を学ばせていただきました。
最高の夏の思い出です。

子ども達にも見に来てくださった皆様にも最高の夏の思い出になっているといいなぁと…


この舞台稽古期間からずっと楽しくて楽しくて仕方が無かったです!
僕はやっぱりお芝居が大好きなんだなぁと実感しました。

本当にとてもいい経験をさせていただき皆様に感謝です。


また、皆様とお会いできる時を楽しみにしております。

坂本翠でした。
image

IMG_20150830_105931

田舎に帰省中の宮元です。
久しぶりに帰って来てから気がつきました。
地元の鬼ヶ島伝説~~~。
超忘れてました…。
 (覚えてたら、今回の台本になんらかの影響を与えたのか否か。田舎…。もとい…)

鬼ヶ島の本名は、女木島です、たぶん。
瀬戸内海に浮かぶ、ちいさな島です。
高松港からフェリーで20分程度。片道370円。
フェリーに370円で乗れるんですよ。
すごいです。
うっかり1度も行ったことがなかった。
ぬぬぬ。行ってみるか。

IMG_20150830_111259


洞窟までの観光バスです。いいよー。すごくいい!

IMG_20150830_110015

尻隠して、頭隠さず。
角が人参にしか見えない。

IMG_20150830_104540

金銀財宝、酒池肉林かと思いきや
小銭を洗っておりました。
いい鬼さんたちだったのね。

地元には、「鬼無(きなし)」という地名の土地があります。
先に思い出していれば、何かしらのネタが台本に~~~???

せっかくなので、緑色の鬼のお面を買って帰ってきました。
赤鬼は、ずいぶん前から売り切れているそうで、
しかも補充される気配ゼロ。

緑鬼は、いつか小道具で登場させようと思います。

by  みやもとでした。 

みゆ紀です。
毎度の事ですが
作るのが遅いワタクシ。
(ながら作業が苦手と言うのもアリ)

あんまり沢山は作れませんでしたが
今回も小道具を
ちょと紹介させて頂きますです。

今回はなぜか。
食品見本みたいのが作りたい!と
どういう訳か思ってしまい
おでんを請け負うことにしました。
去年はコロッケ。
その前はお弁当。
おや。
食べ物を作るのが好きなようですね。
image

image

成形と仕上げはわたくし。
着彩は困った時の井手口氏頼みと言う
合作です

写真はありませんが、
DISH初の消え物?
龍地が途中食べながら出て来るおでん(大根)も煮ました。
DISHサイズで作ってしまった為、
芝居しながら食べ切るのが
とても大変そうでした(笑)
image
今は龍地がやっているたこ焼き屋「たこ坊」の夏のスペシャルメニュー「ソフトクリームのせ」のチラシ。
大海の手伝いで温子が作ったと言うセリフが
本番では無くなったのですが、
はい、温子が本当に作りました。
龍地の似顔絵、割と似てると思ったんですけど
龍地にはやや不評?
「オレ、あご割れてないからっ」
温子的には龍地の男らしさを
表現したつもりだったのですが
確かに龍地くんのアゴは割れておりません。
イラストはイメージです。

image
鉄太と買いに行ったタコ焼きの袋。
割と本番近くにお店の名前が決まったので
赤絵の具でひゃーっと描きました。

あとオープニングで人知れず?
勝浦さんがたこ坊で買ってきた
ソフトクリーム載せタコ焼き^ ^

image
過去のシーンで龍地が運んでいる
ソースのラベル。

image
そして色が塗られ命が宿った時の人形。
これはちょと心残りがありましたが
これから粘土細工で小道具を作る時の
良い経験になったかなと。。
失敗は成功のお母ちゃんでございます。

以上、私が担当した小道具でした。

↑このページのトップヘ